スタッフブログ

100人前後の小規模な街コンの特徴

街コン必勝法・男

小規模の街コンは出会いの数が多い

異性同性問わずさまざまな人との出会いや普段食べることのないグルメも楽しむことができるのが魅力の街コン。
昔の合コンと比べると大人数のため色んな人と出会うことができたり、友達と共に気軽に参加できるところも魅力です。
街コンというといままでは1000人以上の大規模のものが多く、複数の店舗に渡って行われており、気に入った相手が見つからなかった場合には席やお店を移動して楽しんでいました。
しかし人数が多すぎることで、なかなか特定の人とじっくり話すことができず色んなお店に行っていたら時間が経ってしまうなんていうことがあり、結局その後の交際まで発展しないことも多かったです。
そこで最近では100人前後の小規模の街コンも人気となっています。
その特徴は一店舗で集まって行うことです。
メリットとして店舗の移動がないため、無駄な時間が発生しないところ、じっくりお酒や料理を楽しみながら特定の人とゆっくりと話ができるため男女ともに出会いの数が多いところです。
また時間をかけて話をすることで連絡先も交換しやすくなります。
参加している人全員を見渡すことができますので、気になる人がいた場合にはすぐに話しかけることができるところも小規模ならではの魅力なのではないでしょうか。

img_blog_post

一人参加もOKな街コン

1000人以上の大規模な街コンは同性2人以上での参加と制限されていることが多いのですが小規模ですと1人で参加することができる街コンもあります。
2人以上の同性と参加するとなかなか2人とも同じグループに気になる人がいないところや一緒に参加した相手に気を使ってしまい結局気になる人が見つからなかったり、じっくりと話をすることができないで終わることもありました。
けれども1人で参加することができる小規模の街コンですと、自分が気になった人がいればすぐに話しかけることができますし、異性の交際相手を見つけるだけでなく同性で気の合う友人を見つけることができるところも小規模ならではの魅力です。
気になる人が見つかって盛り上がった時は次のステージに繋がるチャンスです。
街コンは昼間の14時から18時前後の時間に行われることが多いので、気になる人がいた時には終了後、二次会として集まることでさらに仲が深まりその後のデートにも誘いやすくなります。
二次会で盛り上がれば連絡先の交換もしやすくなりますね。
本気で相手を見つけたい方や同性で友達を作りたい人には100人前後の小規模な街コンに参加してみるとじっくり話ができ、気の合う素敵な相手が見つかるのではないでしょうか。